日本赤十字国際人道研究センター

日本赤十字国際人道研究センター

赤十字と人道問題の研究フォーラムの場として

 日本赤十字国際人道研究センター(Japanese Red Cross Institute for Humanitarian Studies)は、東日本大震災直後の2011年(平成23年)4月、日本赤十字社の教育研究・調査活動の拠点として学校法人日本赤十字学園内に開設されました。その活動は、日本赤十字社の歴史史料・看護教育関連史料の収集・調査、国際人道法の普及に関する研究と教材の開発、災害救援・開発協力などの人道支援や内外の人道的課題に関する知見の発信や分析など多岐にわたります。

 毎年、刊行される研究機関誌『人道研究ジャーナル』は、国際社会の広範な人道問題に関する研究者の知見を広く一般の方々とも共有することを目的に研究員や内外の研究者の論文のみならず、一般の方々の論考など多彩な記事を掲載しています。

 今日の世界の人道的諸課題の複雑・難解さを考慮すれば、著名な国際法学者アントニオ・カッセーゼ博士がいうように「一握りの専門家たちの間で行われる議論に一般市民を参加させることが大切」だと考えるからです。

 当センターが、一部の研究者のみならず、赤十字運動と内外の人道問題等に関心のある方々のご理解とご協力により活動を更に充実させ、国際社会の人道的諸課題の改善と解決に向けた議論のためのフォーラムとしての役割も果たせるなら幸甚です。

                             日本赤十字国際人道研究センター所長                                         

                                        井上忠男

研究体制

所 長   井上 忠男 (日本赤十字秋田看護大学特任教授)
副所長   角田 敦彦 (日本赤十字看護大学准教授)

 

研究員   根本 昌宏 (日本赤十字北海道看護大学教授)

      廣渡 太郎 (日本赤十字秋田看護大学・短期大学教授)
      齋藤 和樹 (日本赤十字秋田看護大学・短期大学准教授)
      荻原 麻紀 (日本赤十字秋田看護大学・短期大学講師)
      佐藤 美恵子(日本赤十字秋田看護大学・短期大学講師)
      新沼  剛 (日本赤十字秋田看護大学・短期大学講師)
      川原 由佳里(日本赤十字看護大学教授)
      小林 洋子 (日本赤十字豊田看護大学特任教授)
      中信 利恵子(日本赤十字広島看護大学教授)
      小川 里美 (日本赤十字九州国際看護大学教授)
      齊藤 彰彦 (日本赤十字社事業局国際部企画係長)
      森    正尚 (大阪赤十字病院附属大手前整肢学園事務部長)
 
客員研究員 大川 四郎(愛知大学大学院法学研究科教授)
      河合 利修(日本大学法学部法律学科教授)

 ※令和3年4月1日現在

国際人道研究センターの業務

  1. 国際赤十字(日本赤十字社を含む。以下同じ。)の歴史・史料に関する調査研究
  2. 国際赤十字の活動及び事業に関する調査研究
  3. 国際人道法の普及及び調査研究に必要な事業
  4. 国際赤十字関係機関・団体等との学術研究の連携・協力
  5. 看護大学・短期大学が行う調査研究の支援
赤十字史料の展示赤十字史料の展示

機関誌「人道研究ジャーナル」

「人道問題」「国際人道法」「赤十字」「救護活動」「看護史」等をキーワードに、幅広いジャンルの論文、随筆、書評などを掲載。
  東信堂より発売中 http://www.toshindo-pub.com/

ダウンロードはこちら

 

機関誌「人道研究ジャーナル(Journal of Humanitarian Studies)」への寄稿をお願いします。

令和2年度の主な事業

1.「人道研究ジャーナル」Vol.10の刊行

2.教育・啓発用資材の開発・製作等

  イギリス赤十字社刊行「ジャーナリストのための国際人道法」の翻訳発行

3.シンポジウムの開催

4.国民保護法に基づく日本赤十字社の対応に関する調査研究

5.救護看護婦の聞き取り調査

6.研究員の海外調査・研究活動

令和元年度の活動概要

1.人道研究ジャーナル」Vol.9の刊行

2.教育・啓発用資材の開発・製作等

  「ギュスターフ・モアニエ伝」の刊行

3.講演会「死と向き合う支援~臨床宗教師の誕生と役割」の開催

4.戦時救護看護婦への聞き取り調査

5.日本赤十字看護大学における歴史史料の展示

6.研究員の海外調査・研究活動

 ・ 開発分野の歴史的史料収集のため赤十字国際委員会及び国際赤十字・赤新月社連盟へ研究員を派遣

 ・ 赤十字国際委員会及びKorea University主催の国際人道法に関する研修に参加

 ・ 日本赤十字看護婦(師)養成事業と救護活動等に関する史料の収集

 ・ 従軍看護婦の体験―第二次世界大戦中の看護活動体験の調査

 ・ 日本赤十字学園所属の看護系大学及び専門学校における災害看護教育及び放射線災害看護教育に関

  する研究

 ・ 「Community-based Psychosocial Support Participant’s book 」の翻訳・刊行

国際人道研究センターのこれまでの刊行物

こちらをご覧ください。

国際人道研究センター制作映像

赤十字の基本原則

グローバルスタディ資料

問い合わせ先

学校法人日本赤十字学園 日本赤十字国際人道研究センター
〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-1-3 日本赤十字看護大学内
TEL 03-3409-0882 ※  

※ 新型コロナウイルス感染拡大防止のため人道センター職員は在宅勤務対応を実施しております。

  当面、お問い合せは法人本部事務局にお願いします。

 

学校法人日本赤十字学園 法人本部事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-3 日本赤十字社ビル西館6階
TEL 03-5472-2836