トップ > 日本赤十字国際人道研究センター > 日本赤十字国際人道研究センターについて

日本赤十字国際人道研究センター

【目的】


人道研究センター
(日本赤十字看護大学内)

日本赤十字国際人道研究センター(英文名 Japanese Red Cross Institute for Humanitarian Studies)は、日本赤十字学園が擁する6大学、1短期大学の教育研究の専門人材を活かした人道問題に関する学術的な拠点として、日本赤十字社の協力を得て、調査・研究事業等を実施することを目的に、平成23年4月1日に、日本赤十字看護大学内に開設しました。

【研究体制】

このセンターは、日本赤十字学園の6大学、1短期大学の学術的な拠点であると同時に、国内外の人道問題研究者・実践者との協働・連携の場にしたいと考えております。機関誌「人道研究ジャーナル(Journal of Humanitarian Studies)」への寄稿をお願いします。


<センター長>    
日本赤十字看護大学 教 授  井上 忠男
 
<研究員>    
日本赤十字北海道看護大学 教 授  尾山 とし子
日本赤十字秋田看護大学・短期大学 講 師  新沼 剛
日本赤十字看護大学 准教授  川原 由佳里
日本赤十字豊田看護大学 教 授  小林 洋子
日本赤十字広島看護大学 助 教  藤井 知美
日本赤十字広島看護大学 課長補佐  角田 敦彦
日本赤十字九州国際看護大学 教 授  中村 光江
日本赤十字社事業局国際部 主 事  齊藤 彰彦
日本赤十字社大阪府支部 課 長  森 正尚
 
<客員研究員>    
日本赤十字看護大学 看護学部 客員教授  東浦 洋
愛知大学大学院 法学研究科 教 授  大川 四郎
日本大学 法学部 法律学科 教 授  河合 利修

【主な事業】


赤十字史料の展示

①国際赤十字(日本赤十字社を含む。以下同じ。)の歴史・史料に関する調査研究

②国際赤十字の活動及び事業に関する調査研究

③国際人道法の普及及び調査研究に必要な事業

④国際赤十字関係機関・団体等との学術研究の連携・協力

⑤看護大学・短期大学が行う調査研究及び海外実習等の支援

⑥その他、理事長が必要と認めた調査研究等

【平成27年度の事業計画】


2013年度に作成した提言書を基に
英語版と要約版(日英)を作成。
2015年3月の防災会議

1.赤十字基本原則採択50周年記念 エッセイコンテスト

2.日本赤十字社の歴史的事業にかかる1次史料の整理

①日本赤十字社事業における歴史的事項の調査

②本社・支部などが所蔵する史料調査

③日本赤十字社の看護に関する歴史的事項の調査

④ICRC/連盟などが所蔵する日本赤十字社に関する史料の目録作成・収集のための調査

3.国際人道法等赤十字に関連する国際法規の普及

4.その他理事長が必要と認める調査研究等

5.機関紙「人道研究ジャーナル」の刊行

平成26年度 活動概要 はこちら

【お問合せ先】

学校法人日本赤十字学園 日本赤十字国際人道研究センター
〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-1-3 日本赤十字看護大学内
TEL 03-3409-0882  FAX 03-3409-0883

又は
学校法人日本赤十字学園 法人本部事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-3 日本赤十字社ビル西館6階
TEL 03-5472-2836  FAX 03-5472-2837

  • 赤十字学園について
  • 組織・設置大学
  • 大学設置の歩み
  • 赤十字の看護大学で学びたい
  • 募集・入試のご案内
  • 奨学金等のご案内
  • 専門・認定看護師の教育課程のご案内
  • 日本赤十字国際人道研究センター
  • 日本赤十字学園が実施している研究助成に関わる研究報告書
  • 日本赤十字社の本社・支部・施設のご案内
  • 情報公開
  • 入札情報
日本赤十字社